コロンビア ラスカノアス 農園 中深煎り 200g
5ebc2e2b72b9113e010542f0 5ebc2e2b72b9113e010542f0 5ebc2e2b72b9113e010542f0 5ebc2e2b72b9113e010542f0 5ebc2e2b72b9113e010542f0 5ebc2e2b72b9113e010542f0 5ebc2e2b72b9113e010542f0

コロンビア ラスカノアス 農園 中深煎り 200g

¥1,690 税込

送料についてはこちら

  • 豆のまま

  • 粉(ペーパードリップ、コーヒーマシン用)

●コロンビアナリーニョ県 Las Canoas農園  ・標高:約2000m ・品種:バリエダ(F7) ・精製:ナチュラル ・シェードツリー:アボガド、グワモ、バナナ、みかん、オレンジなど ナリーニョ県はコロンビア内の他の産地に比べ、雨が少ないためコーヒーの木に適度な良いストレスがかかります。付近には多くの火山があり、コーヒーにとっては火山性の恵まれた土壌。近くのドニャファナ火山から毎日午後になると渓谷の川まで霧がおります。コーヒーの木は葉っぱからその霧の水分を吸収することで水分を補っており、この川沿いにコーヒーが多く栽培されています。 標高2000m以上の場所では美味しいコーヒーがとれると言われますが、環境的にはギリギリだそうです。 (東ティモールの標高1500~2000mにある農園を見学した時に、山にかかる霧がコーヒーを美味しくすると農家さんが教えてくれました。神山でも朝晩に美しい霧を見るたびに思い出します。) 品種はバリエダという配合種ですが、実際に現地に行かれたTOKUSHIMA COFFEE WORKS小原さんによるとナリーニョの農園の中でも特に美味しかったとのこと。精製もコロンビアでは一般的にウォッシュド(水洗式)の中、新しく試みているナチュラル精製(果肉をつけたまま乾燥)です。 今回は中深煎りに仕上げました。カシスジャムのような濃厚な甘い香味をお楽しみください。